ユニクロ運営会社と三菱重工の投資情報

山口県山口市に本社を置く株式会社ファーストリテイリングは、ファストファッションで有名な「ユニクロ」や「ジーユー」などの店舗を運営するアパレル企業です。多くの一般消費者にとっては、ファーストリテイリングという社名よりもユニクロというブランド名の方が有名です。しかし、経済ニュースなどでは「ユニクロを展開するファーストリテイリング」という表現がしばしば使用されており、多くの個人投資家にもなじみのある企業の1つとなっています。では、同社のここ1年の株価について簡単に振り返ってみましょう。2014年12月下旬に4万5,000円ほどであった同社の株価は、2015年夏には6万円を超えました。しかし、その後は軟調な展開に陥り、2015年末には1年前と同じ水準にまで株価を戻しています。2015年12月25日現在の株価は4万3,140円です。なお、同社の単元株数は100株です。つまり、株主になるためには430万円以上の投資が必要となります。
さて、次に取り上げるのは、東京都港区に本社を置く三菱重工業株式会社です。総合重機の分野では首位を誇る企業で、火力発電所用ガスタービンや造船業なども扱っています。また、宇宙ロケットの分野や軍用機なども手掛けており、最近では小型旅客機「MRJ」の開発でもしばしばニュースなどに取り上げられています。さて、三菱重工の直近1年間の株価は次のように推移してきました。2014年末ごろ、三菱重工の株価は700円をいくらか下回る程度でした。2015年の初夏には800円越えを達成したものの、その後の株価は軟調な推移が続いており、2015年12月25日現在の株価は517.5円となっています。これは9月29日に記録した514.2円という年初来安値をわずかに上回っている程度の株価です。なお、同社の単元株数は1,000株ですから、50万円から52万円ほどの投資により株式を取得できます。